アクアハウスプロジェクトのショールーム準備(その2)

投稿日:

鶴瀬駅から徒歩10分にある物件は、ショールームとして私自身が実験的に使用してみようと考え試行錯誤しております。

9月上旬 ついに水槽が完成し搬入されました。

そして、ショールームに使うなら少し大きな魚の導入が必要だというのが課題にありました。

これもアクアハウス1号の入居者Yさんご夫妻のご協力で、首都圏屈指の巨大魚が揃うお店 ベイサイドアクアさんを紹介していただきました。

まずは、お店を訪問し、いろいろな魚を見せていただきました。

ベイサイドアクアさんの社長さんは、若くてナイスガイですが、とんでもない魚のストックをしております。
置いてある水槽を見ると彼の熱意を強く感じます。

アジアアロワナにおいては、最高500万円の値を付ける美魚がいました。

超マニア向けニッチ市場のお店という感じです。

そういう意味では、私の考えるアクアハウスもマニア向けニッチ市場なので話が合いましてお魚談義もはずみました。

少年のころから熱帯魚好きという共通点と違う形でお互い展開していて、ご縁とは面白いなあと思いました。
私は、そこで、気に入った個体3匹の売約のお約束をして帰りました。

ここで売約した魚たちは、少しベイサイドアクアさんにお預けして、こちらの水槽が整うまでお待ちいただくことになりました。

ベイサイドアクア写真 売約した魚達写真 今回購入したのはアジアアロワナ

アクアハウスの看板魚にするにはこれが外せないなあと思っております。

多くのマニアは賃貸物件でアロワナを飼いたいけど大型水槽が置けなくて我慢している方が多いのではと思っております。
動画や写真を撮影するにもやはりアロワナは絵になる魚です。

今現在、アクアハウスのウエブサイトは写真を購入したりしておりますが、出来れば自前の魚達や、入居者の魚達で飾りたいと思っております。

ちなみに今回置いている水槽は1800mm×700mm×600mmの水槽と1800mm×600mm×600mmの水槽の2本にしました。

このショールームはスペック的にはもっと大きな水槽が置けるのですが、それは、アクアハウスプロジェクトがもう少し成功した時にして、今回は限られた予算の中で頑張ってみることにしました。

また、今回ベイサイドアクアさんにご協力いただいたのは水槽のうち1本を埋めることで、
もう1本はまだアイデア構想中です。

ショールームは常に進化しながら完成のないものだと思っております。

実際に、水槽に導入される様子は次回にご期待ください。

アクアハウスオーナー MASA

-アクアハウス・プロジェクト

Copyright© アクアハウス・プロジェクト , 2019 All Rights Reserved.